FANDOM


X-メン
X-MEN
監督 ブライアン・シンガー
脚本 デヴィッド・ヘイター
製作 ローレン・シュラー・ドナー
ラルフ・ウィンター
製作総指揮 アヴィ・アラッド
トム・デサント
リチャード・ドナー
スタン・リー
出演者 パトリック・スチュワート
ヒュー・ジャックマン
音楽 マイケル・ケイメン
撮影 トム・シーゲル
編集 スティーヴン・ローゼンブラム
ジョン・ライト
ケヴィン・スティット
製作会社 マーベル・スタジオズ
配給 20世紀フォックス
公開 2000年7月14日 Flag of the United States
2000年10月7日 [[image:テンプレート:Country flag alias Japan|border|25x20px|テンプレート:Country alias Japanの旗]]
上映時間 104分
製作国 Flag of the United States アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $75,000,000[1]
興行収入 $157,299,000[1] Flag of the United States
$296,339,527[1] [[image:テンプレート:Country flag alias World|border|25x20px|テンプレート:Country alias Worldの旗]]
次作 X-MEN2
allcinema
キネマ旬報
AllRovi
IMDb
  

X-メン』(エックスメン、原題 X-MEN)は、2000年のアメリカ映画。ブライアン・シンガー監督によるアメコミ『X-メン』の映画化である。

アメリカでは2000年7月14日に公開され、週末興行成績で初登場1位になった。日本では同年10月7日に日本劇場系列ほかで公開され、週末興行成績(東京都内3地区集計)で初登場1位となった。

なお、邦題の表記は今作のみ『X-メン』で、2作目以降は『X-MEN』である。

あらすじ 編集

人間が急激な進化の過程に入った近未来。突然変異の集団であるミュータントは周囲から理由のない迫害をうけていた。磁力を操る能力を持ち優れた科学者でもあるエリック・レーンシャー(イアン・マッケラン)は不寛容な社会への怒りから不満分子と共に世界へ復讐しようとする。親友のテレパシー能力者のチャールズ・エグゼビア教授(パトリック・スチュワート)は才能に恵まれ正義の心を持った子供たち、スコット・サマーズ(ジェームズ・マースデン)、ジーン・グレイ(ファムケ・ヤンセン)、オロロ・マンロー(ハル・ベリー)を育て「X-MEN」を結成。人間に代わり世界を支配しようとするミュータントたちを阻止するため立ち上がる。善と悪の最後の戦いが始まろうとしているとき、超合金の骨格を備えた放浪者ローガン(ヒュー・ジャックマン)は心に傷を負った少女マリー・ダンキャント(アンナ・パキン)と出会い、己の心の命ずるままに痛みを分かち合おうとする。それは同時に磁界王マグニートーとなったレーンシャーと彼の部下たち「BROTHER HOOD」との壮絶な戦いを意味していた。

コミック版からの変更点 編集

X-MEN 編集

コスチュームが黒に変更(統一)されている。

  • ウルヴァリンの爪の出る箇所が、指と指の間からに変更(コミック版は、手の甲から)。
  • ローグは家出少女として登場。ボーイフレンドがいるなど、過去の設定がある。髪の色に関しては、登場時は単色だった。また、マーヴル・ユニバースのスーパーヒロインである“ミズ・マーベル”から奪ったという能力や、義母ミスティークに育てられたという設定などは使用されていない。

ブラザーフッド・オブ・イビル・ミュータンツ 編集

構成メンバーがコミック版と異なる(セイバートゥースの加入)。

  • ミスティークは、マグニートーのチームには加入していない。マグニートーの離脱後、ミスティークがチームを率いたため、彼女はブラザーフッドに在籍していたことはある。
  • コスチュームが違う。特にセイバートゥースとトードは、印象が異なる。
  • マグニートーはプロフェッサーXと協力し、セレブロを創った。そのため、システムを掻い潜ることができる。
  • ミスティークの「青い皮膚」はそのままだが、コスチュームはまとっていない。特殊メイクには、毎回8時間から15時間が必要だった(メイクを落とす時間は含んでいない)。
  • トードは格闘能力も高い。

興行 編集

2000年1月13日に、オーストラリアで世界で最も早く公開された。アメリカでは2000年7月14日に3025館で公開され、週末興行成績で初登場1位になり、トップ10内に5週間いた。また、アメリカ国内での興行収入は1億5千万ドルを超え、アメリカでの2000年公開作品中8位である。

評価 編集

映画公開時は『X-MEN』の実写映画として大いに期待されていたが、多くの評論家からは「物足りない」という趣旨の意見が圧倒的に多く、果ては「シンガー監督はアクションは向いてない」などと評されたこともある。続編の『X-MEN2』では、それを補うかのようにアクションが作りこまれており、本作以上の高評価を得た。

影響 編集

この映画の成功によって2002年に『スパイダーマン』、2003年に『デアデビル』『ハルク』が公開、マーヴェル映画の新しい時代の到来を告げた。

スタッフ 編集

キャスト 編集

役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト版 テレビ版
チャールズ・エグゼビア(プロフェッサーX) パトリック・スチュワート 大木民夫 麦人
ローガン(ウルヴァリン ヒュー・ジャックマン 梁田清之 磯部勉
スコット・サマーズ(サイクロップス) ジェームズ・マースデン 檀臣幸 中原茂
ジーン・グレイ ファムケ・ヤンセン 日野由利加 勝生真沙子
オロロ・マンロー(ストーム ハル・ベリー 相沢恵子 深見梨加
マリー・ダンキャント(ローグ) アンナ・パキン 小島幸子 樋浦茜子
ボビー・ドレイク(アイスマン ショーン・アシュモア 私市淳
エリック・レーンシャー(マグニートー) イアン・マッケラン 阪脩 家弓家正
レイヴン・ダークホルム(ミスティーク レベッカ・ローミン=ステイモス 幸田直子 金野恵子
セイバートゥース タイラー・メイン 天田益男 乃村健次
トード レイ・パーク 坂東尚樹 落合弘治
ケリー上院議員 ブルース・デイヴィソン 千田光男 野島昭生
ヘンリー・ガイリッチ マシュー・シャープ 大川透 水内清光
スチュー ケヴィン・ラシュトン 星野充昭
ローグの父親 ジョン・ネルズ 中村秀利
トラックの運転手 ジョージ・ブザ 長克巳


備考 編集

「恵まれし子らの学園」に、炎を操る少年がいる。彼はパイロと思われていたが、ブライアン・シンガーは「ジョニー・ストーム(『ファンタスティック・フォー』のヒューマン・トーチ)」と答えていた。続編ではパイロになっている(『1』とは違う俳優が演じている)。

脚注 編集

  1. 1.0 1.1 1.2 "X-Men (2000)". Box Office Mojo. 2009年10月17日 閲覧。

関連項目 編集


Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はX-メン (映画)にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。