FANDOM


ウルヴァリン: X-MEN ZERO
X-Men Origins: Wolverine
監督 ギャヴィン・フッド
脚本 デイヴィッド・ベニオフ
スキップ・ウッズ
製作 ヒュー・ジャックマン
ローレン・シュラー・ドナー
ラルフ・ウィンター
ルイス・G・フリードマン
ジョン・パレルモ
製作総指揮 リチャード・ドナー
スタン・リー
音楽 ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ
撮影 ドナルド・マカルパイン
編集 ニコラス・デ・トス
メーガン・ギル
製作会社 マーベル・スタジオズ
配給 20世紀フォックス
公開 Flag of the United States 2009年5月1日
Flag of Japan 2009年9月11日
上映時間 108分
製作国 Flag of the United States アメリカ合衆国
テンプレート:NZL
テンプレート:AUS
言語 英語
製作費 $150,000,000[1]
興行収入 $371,376,142[2]
前作 X-MEN: ファイナル ディシジョン
次作 X-MEN: ファースト・ジェネレーション
allcinema
キネマ旬報
AllRovi
IMDb
  

ウルヴァリン: X-MEN ZERO』(- エックスメン ゼロ、X-Men Origins: Wolverine)は、2009年アメリカ映画。映画『X-MEN』シリーズのスピンオフ作品。

日本では9月11日公開。

ストーリー 編集

テンプレート:ネタバレ 1845年カナダで、若きジェームズ・ハウレットはグランドキーパーをしていたトーマス・ローガンによって父親が殺害されるのを目撃する。そのショックによってジェームズのミュータント能力が覚醒し、骨の鉤爪が手から生え、そしてローガンを刺し殺した。だがローガンは死の間際に自分こそがジェームズの父親であると告げる。ジェームズはその後、以後1世紀以上にわたって兄のビクター・クリードと共に生き延び、南北戦争や2度の世界大戦に参加して戦い方を学んだ。ベトナム戦争のときに、ビクターは村人へ暴行を行おうとし、さらに上官を殺してしまう。ジェームズは兄をかばったため、2人は銃殺処刑されるが、再生能力のために失敗した。そこへ軍人のウィリアム・ストライカーが現れ、エージェント・ゼロウェイド・ウィルソンジョン・ライスフレッド・デュークスクリス・ブラッドリーらを含むミュータント・グループ「チームX」へ2人をスカウトする。2人はチームに加わるが、ジェームズはグループの非人道的な行いに疑問を持ち、やがて脱退する。

6年後、ジェームズはローガンと名乗るようになり、恋人のケイラ・シルバーフォックスと共にカナダで暮らしていた。そこへストライカー大佐が現れ、ビクターがチームXのメンバーを殺しているとローガンに警告する。その後まもなく、ビクターによってケイラは殺害され、ローガンも重傷を負う。ストライカーは、ビクターを倒す方法を教えるとしてローガンに不壊の金属「アダマンチウム」によって骨格を強化する「ウェポンX」計画を受けさせる。手術の前にローガンは、「ウルヴァリン」と記された新しい認識票を求めた。

だが手術中にストライカーの巨大な陰謀の発言をローガンは聞き、ストライカーの研究所から脱出。その後エージェント・ゼロを含む軍隊からも追われるようになり指名手配された。その一方、ストライカーはウェイド・ウィルソンに改造手術を行い、元チームXの仲間を始めとする多くのミュータントの能力(ローガンの不死身、ライスの短距離テレポート、サイクロップスの破壊光線など)を兼ね備える超人兵器「ウェポンXI(デッドプール)」を誕生させ、ウルヴァリンの抹殺を命令する。

キャスト 編集

役名 俳優 日本語吹き替え
ローガン(ウルヴァリンヒュー・ジャックマン山路和弘
ビクター・クリード(セイバートゥースリーヴ・シュレイバー石塚運昇
ウィリアム・ストライカーダニー・ヒューストン野島昭生
ケイラ(シルバーフォックスリン・コリンズ安藤麻吹
レミー・ルボー(ガンビットテイラー・キッチュ平田広明
ジョン・ライス(ケストレルウィル・アイ・アム江川央生
ウェイド・ウィルソン(デッドプールウェポンXIライアン・レイノルズ [3]加瀬康之
エージェント・ゼロダニエル・ヘニー磯部弘
クリス・ブラッドリー(ボルトドミニク・モナハン中國卓郎
フレッド・デュークス(ブロブケヴィン・デュランド乃村健次
スコット・サマーズ(サイクロップスティム・ポーコック宮野真守
エマ・フロスト(ケイラの妹)ターニャ・トッティ安原麗子
ジェームズ・ハウレット(幼少時のローガン)トロイ・シヴァン本城雄太郎
ジョン・ハウレット(ジェームズの父)ピーター・オブライエン
エリザベス・ハウレット(ジェームズの母)アリス・パーキンソン
幼少時のビクターマイケル=ジェームス・オルセン海鋒拓也
トーマス・ローガン(ビクターの父)アーロン・ジェフリー
マンソン将軍スティーヴン・リーダー大塚周夫
トラヴィス・ハドソンマックス・カレン藤本譲
ヘザー・ハドソンジュリア・ブレイク翠準子
チャールズ・エグゼビア(プロフェッサーXパトリック・スチュワート大木民夫

スタッフ 編集

キャッチコピー 編集

  • 最も過激なヒーロー誕生の秘密が今、明かされる!
  • 涙まで、金属なのか。

続編・スピンオフ 編集

続編の制作が決定し、日本を舞台としたエピソードも描かれるという[4]。また、今作の敵「デッドプール」のスピンオフ作品『Deadpool』も製作が決定されている[5]。他にはX-MENの若きチームを描く『X-MEN: First Class』の製作の話もある。

Blu-ray/DVD 編集

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパンより2010年1月22日Blu-ray Disc2月3日DVDの2フォーマットをリリース。

  • Blu-ray
    • ウルヴァリン:X-MEN ZERO ※2枚組/初回生産限定
※初回生産限定はキラーパッケージ仕様。またデジタルコピー用DVDも付属した2枚組。
  • DVD
    • ウルヴァリン:X-MEN ZERO ※2枚組特別編/初回生産限定
※初回生産限定は特典ディスクの中にデジタルコピー用ファイルを収録。

※先着予約特典として、Blu-ray/DVDのどちらにもMARVEL製の限定カバーアートブックを付属。

脚注 編集

  1. Tourtellotte, Bob (2008-05-04). ""Wolverine" slashes rivals in debut". Reuters. 2009-05-24 閲覧。
  2. テンプレート:Cite news
  3. スタント:スコット・アドキンス
  4. "映画「X-MEN」シリーズ、第5作ではウルヴァリンが侍に!?". afpbb.com (2009-08-17). 2009-08-17 閲覧。
  5. Phil de Semelyen."Ryan Reynolds talks ‘Deadpool’", EmpireOnline, 3 July 2009.

外部リンク 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はウルヴァリン: X-MEN ZEROにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。